主流になりつつある電子定款

会社を設立するために定款を作るときに2004年からスタートした電子定款を提出する方法が主流となっていく傾向にあります。

かつては定款は紙に記入して作成していましたが電子的に記録ができる媒体で作成しても認証されるようになったのです。紙で定款を作成した場合は4万円の印紙代が発生していましたが電子媒体で認証してもらうことによって印紙代が発生しなくなるというメリットがあります。一般的な定款の認証の場合は、発起人や代理人の印鑑と署名が必要だったのですが、電子定款はデータなので署名ができないため電子署名を利用する訳です。電子署名は前もって日本認証サービスで取得しておくことが必要になります。そして電子定款を作るには電子証明書や署名キットなどを用意することも必要です。

数万円ぐらいがかかることになるため電子証明書や署名キットを何度も利用する場合は自前で用意しても良いかも知れませんが1度しか利用する予定がない場合は電子署名の準備ができている行政書士に作成を依頼した方が費用を安く抑えられる場合があります。更に作成する手間や時間を省くことが可能です。

一般的な紙に記入する定款に比較して行政書士に依頼する費用が安く抑えられ、作成以外の手続きも含めて対応してもらうことができます。そのため会社を設立するための手続きをスムーズに進められるのです。手間がかからなくなった分、会社を設立するための準備や業務にかける時間ができ会社の生産性に繋げることが期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *