便利で節約にもなる電子定款

会社設立時に必ず必要なものの一つが定款。

あまり馴染みがない上に、定款にはその記載内容が法律的に正しいかどうか認証してもらうために公証人役場での手続きを必要とするなど、何かと煩雑な作業が待っています。しかし平成19年からは、従来通りの書面による定款だけでなく、電子定款という電子による書面でも認証を受けることができるようになりました。その最大のメリットは、従来の書面による定款認証で必要だった、印紙代の4万円が必要ないことです。何かとかかる会社の設立費用を節約できるうえに、電子ファイルで保管することができるので、紛失に神経をとがらせる必要もありません。官公庁への申請や、各種契約書などでもペーパーレス化が進む中、電子定款をきっかけに電子申請に慣れるのもおすすめです。電子定款の大きなポイントは二つ、電子証明書の発行と、定款をPDFファイルに変換することです。電子証明書の発行には、以前は住民基本台帳カードを使って行われていましたが、現在はマイナンバーカードでの発行に変わっているので注意が必要です。また、PDFファイルへの変換についても、電子署名の挿入の機能がついたソフトでなければなりません。しかし、この二点さえクリアすればあとは法務局の登記・供託オンライン申請システムというサイトから電子定款の認証を行うだけ。その後定款を受理しに行く必要はありますが、公証人役場が遠い方や行く時間のない方には、何度も出向かずにすむため非常に便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *