会社設立の手続きを簡単に済ませる電子定款

会社設立には、会社運営の大元となる決まり事を定める必要がありますが、その決まりを定めた書類を定款と言います。

その設立には必ず作成されて必要となるもので、会社の法人格を得るための登記を行う上でも必要とされます。ただ現在は電子マネー・電子認証などデジタル時代が到来していることもあり、従来は紙媒体での提出が義務付けられていましたが、近年は電子定款が普及しています。PDF化されたソフトによって作成することも可能で、もし作成を行ったら、それを当事者が作成したということを証明することが必要です。電子定款を作成する場合に必要な物は、マイナンバーカード・電子証明書・ICカードリーダライタの三つの書類を必要とします。

そして定款に必要な項目が存在しますので、その項目を一つ一つまとめながら作り、それを電子定款とするためのソフトをダウンロードします。大抵はPDFによって定款を作成する形になり、それにICカードリーダライタによる電子証明書が入っているマイナンバーカードを読みこませて、電子署名を行えばそれで完了です。インターネット上で手続き自体を完了させることができますが、最終的にはデータを保存した記録媒体を公証役場で受け取ることが必要となります。

もちろん個人で行うと不慣れなせいで迷うことも多いですが、電子定款の作成を代行してくれる会社などもあり、それを活用すると良いです。その理由としては作成の手続き自体の流れが出来ており、相談や必要な物のアドバイスを受けながら行うこともでき、難しい作成を簡単に済ますこともできるからとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *