電子定款の利用と申請

企業などにおいて定款の作成は必須ですがこのとき公証役場に届け出てその認証を受ける必要があります。

認証を受けるときにかつては紙での提出でしたが、最近では電子定款という方法での申請も認められます。そのため紙では無くこの電算による申請を行うことで、省力化に繋げているケースも多いです。ただしこの方法での申請では注意点として、提出しようとする定款が内容的に問題がないものかどうかのチェックが必要不可欠です。紙ベースであれば公証役場の窓口で多少の話が出来ますから、間違いが無いかどうかのチェックも可能となります。

特に求められている書式様式を満たしていないときには、窓口でのチェックがあると安心できますし確認もしてもらえます。一方、電子定款の場合には提出してしまったらそれがそのままという流れです。万が一間違えていたとしてもそのままになってしまう可能性が高く注意が必要になりまあす。

もし初めて電子定款による申請を行おうと考えているときには、出来上がったものをいったんプリントアウトするなどして公証役場に持参するのがよいです。チェックをしてもらうことでその後の申請に繋げていくことが可能だからです。この申請では印紙税の負担がありません。約4万円程度かかりますので、その負担軽減の意味でもこの申請は魅力があります。ただしそれは適切に正しい形での申請が出来ているからこその話しであって、確実に正しい形で申請が受理されるように段取りは必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *