電子定款が選択される理由

最近は定款を作る時には電子定款を選択する人が多くなっています。

これは電子定款の方が何かと使い勝手が良い上に手数料も安くなっているという事が考えられます。法務局は手数料を安くして電子定款を利用するように、会社設立する人たちに推奨しているという事をしています。紙の定款に対して手数料にして数万円もの差を付けていますから、法務局の意図は明確に電子定款に向いていると考えてもいいでしょう。これは考えれば当然といえば当然です。

紙を管理するのと電子データを管理するのとでは利便性という点で話にならないぐらいに違います。電子データは記憶装置一つがあればそれで事足りるのに対して、紙で作られるとどれだけの場所をとることになるのかは想像できません。場合によっては書類を補完するための倉庫を作るような事になるようなことも考えられないことではありません。そうなると、一度倉庫にいれた書類を出してくるだけでも大変という事になります。とんでもない労力がかかることになるといってもいいでしょう。

そして、定款の修正をするような時には人の手でいちいち見ながら探していくことになります。ですが電子データな検索で1秒もあれば必要な書類のデータを出してくることが出来るようになります。これだけ明確な違いがあるので、マイナンバー制度も導入されたわけです。電子定款というのは時代の流れという事もいえるでしょう。利便性があまりにも紙の定款とは違うので比較にならないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *