電子定款のメリットと作成

定款とは会社を設立する時に必ず作成する会社の目的や業務執行などに関する基本原則を記録したものです。

定款は紙で作成したものでなくてもPDFで作成した電子定款で会社設立する事もできます。定款を作成した時は4万円の収入印紙を貼る事になりますが、電子定款の場合は収入印紙が必要ありません。そのため会社設立に必要な費用が削減できるメリットがあります。電子定款を作成する時はまず原本の作成が必要になります。原本を電子化する前に公証役場に定款の内容を確認してもらうと電子化してから不備があって差し戻しになる事を予防できます。

電子定款を作成するソフトウェアはいくつかありますが、定款を電子化する時には電子署名が必要です。利用するソフトウェアはPDFへの返還できて電子署名の挿入機能があるソフトウェアを使うべきです。電子署名を付けるには電子証明書の認証が必要です。電子証明書の認証にはマイナンバーが必要なので、マイナンバーを取得した後に電子証明書の交付手続きを行います。

電子証明書はマイナンバーカードのチップに保管されています。カードチップを読み込むためのICカードリーダーの用意も必要です。さらに電子署名を使うにはクライアントソフトが必要なので、これをダウンロードする必要もあります。電子定款が作成できたらオンライン申請システムを使って手続きを行います。無事に認証されれば後は公証役場で認証された定款を受け取る事ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *