電子定款を活用するメリット

会社設立を目指す場合にはいくつかの作業が必要になります。

基本的には必要な書類を作成して法務局に届け出ると言う作業になりますが、その中の重要書類の1つに定款と呼ばれるものがあります。例えば株式会社を設立しようとする際には定款を作成して公証役場に届け出る必要があるのですが、その際に印紙税を必要とする仕組みがあります。この印紙税は数万円とそれなりにお金がかかるものであるため、会社設立にはある程度の資金が必要であるとされています。

そのような中、現在では時代の流れもあって定款を電子媒体で作成するということが認められています。この電子定款で定款を提出する場合には印紙税がかからないと言う性質があるのです。このことは印紙税の節約につながるため多くの人がお得な方法であると認識しています。これが電子定款を活用する最大のメリットであると言えるでしょう。しかしながら電子媒体での定款の提出は単にExcelやワードで作るということを意味しているわけではありません。専用の機材が必要になる仕組みであると言うことを多くの人がすぐに知ることになります。

そのため電子定款を使って会社設立を目指す場合には、専門の業者に外部委託すると言う手順を踏むことになります。司法書士法人などの会社設立代行サービスを実施している業者等では効率的に会社設立をするためのノウハウが備わっていますので安心して任せることができるでしょう。代行業者を委託したとしても印紙税の分だけ安くすることができますので自分で手続きをする場合とそれほど変わりません。むしろ自分の時間を十分に確保することができると言うメリットを考えるとお得であるとさえ言えるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *