会社設立を代行してもらう

会社設立を代行してもらうには、どうすればいいのか知っていますか。

まずは、法人を設立したことを登記しなければなりません。この登記の作業をするのが司法書士という人です。司法書士は、法律のプロフェッショナルと考えられていますが、おもな仕事は登記業務です。したがって、会社設立を代行してほしい人はまず司法書士に相談してみましょう。どういう書類を用意しなければならないかを教えてくれます。もちろん、司法書士に代行を委任してもいいでしょう。

報酬がかかりますが、あまり高額ではないので安心してください。この司法書士への報酬を節約したいのであれば、自分で登記を行うこともできます。しかし、時間ばかりがかかってしまいます。特に初めて登記をする人であればなおさらです。会社設立をする際には、登記以外にもやるべきことが山積しています。そのようなことを踏まえれば、代行が可能な作業は代行してもらうのが得策だと言えるでしょう。登記は誰がやっても同じ結果となります。

ただし、スムーズに進めるためには司法書士のようなプロフェッショナルに依頼することが重要なのです。まずは、何人かの司法書士に相談をしつつどの司法書士に依頼すればいいのかを調べていきましょう。コミュニケーションの取りやすい司法書士がおすすめです。どんな内容であっても誠実に答えてくれる人がベストです。困ったときに助けてくれる司法書士を選んでいきましょう。会社設立が円滑に進みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *