会社設立代行は専門家のアドバイスに期待できる

会社設立代行をしている業者があります。

たいていは、士業の方が運営しています。行政書士や税理士が多いです。自分で設立するよりも安くなると宣伝しているところもあります。電子定款を使って会社の設立を行いますので、その分自分の実費負担が軽くなります。それに加えて手数料ゼロ円で会社設立をしていたり、数千円程度の手数料で代行していた李するところがあります。電子定款を作成するためには機材が必要で、購入するための費用を考えると、確かに代行業者に依頼して会社設立をした方が安くなることとなります。

会社設立を格安で請け負っている理由は、将来的な顧問契約や相談などのことを考えているからです。ある所は顧問契約を前提としてゼロ円で仕事をしています。特に、税理士の場合にこれは多いです。会社を設立した後には、経理や税の申告などでほぼほぼ税理士の力が必要になります。そのため、これを受け入れる人も多いわけです。いずれにせよ、会社設立代行業者を選ぶなら、きちんと弁護士のサポート、司法書士との提携をしているところを選ぶべきです。

定款の内容に法的に問題があれば、後々不利益を被る可能性がありますので、弁護士からの助言が欠かせません。設立のための登記申請書の作成や申請の代理は、司法書士の領域なので司法書士との提携が不可欠です。安いからといって選んだ場合、きちんと手続きができ愛といった不利益を被る可能性もあるため、きちんとしたところを選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *