会社設立を代行してもらうには

会社設立を代行してもらうには、どういった手続きが必要となるのかをご存知でしょうか。

最初に立ちはだかる作業としては、会社設立の登記があります。登記というのは、法律に定められた内容の書類をつくって法務局に提出するものです。これが完了すると、登記簿にあなたの会社のことが登録されます。誰が見たとしても、あなたの会社ができていることを証明することが可能です。どういうことかと言うと、会社を目で見ることができないので存在を担保しなければならないのです。

商業登記がなされていれば、あなたの会社が法律的に出来上がっていることを示してくれます。したがって、会社をつくろうとするのであれば、まずはじめに会社設立の登記をしなければならないのです。しかしながら、非常に面倒な作業なので効率化が必要です。経営者であるあなたは、他の仕事で手がいっぱいでしょう。特に会社をつくった当初ともなると、お客様を集めることも大切ですし、予算の策定も重要です。

そのような大切な仕事をするためにも、あなたでなくても代行ができる登記は任せてしまうのが得策です。会社設立の登記は難しいのですが、やり方さえマスターしてしまえば簡単です。したがって、未体験の人が一番大変なのです。代行サービスに依頼をすることによって、時間と手間を省くことができると覚えておきましょう。司法書士が商業登記を代行してくれますので、近くの司法書士に相談することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *