会社設立の代行を利用するメリット

近年はインターネットビジネスの普及もあって自分で会社設立を考える人が増えているが、実際に個人で行っていた事業を法人化するには様々な知識と手続きが必要で作成しなければならない書類も多いです。

また、手続きの方法によって手間も費用も異なるので、できるだけ効率的に進めていく方が良いでしょう。そうして手間を省く手段として税理士事務所や司法書士事務所が行う会社設立代行があるが、このメリットとしては何と言っても手続きにかかる手間がほぼゼロにできる点です。もちろん、設立する上で定款を始め、様々な書類を作る必要があり、それらの作成は会社設立の発起人が作る必要があります。

それらの書類は流石に代行してもらうことができないので作る必要があるが、それに関しても流れや手順などのアドバイスをしてもらうことが可能で、さらに代行を依頼すれば依頼料はかかるものの、設立にかかる定款を公証役場で認証の費用だが、近年は電子化が基本なので自分で機材を揃えると数万円はかかります。ところが、代行業者に依頼すれば当然業者はそれらの機材を揃えているので、自ら揃える手間と費用がなくなりかなりの費用を削減することに繋がります。

ただし依頼する場合は業者によって事業内容の得意不得意があるので、自分がどんな業種の会社を設立したいのか、それに合わせて業者を選ぶ必要があります。もしも自分の事業内容が不得意な業者を選ぶと、かえって他の専門家にも書類作成を依頼する羽目になって費用が嵩むことがあるので注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *