会社設立代行について

会社設立代行と検索すると、多くの士業の方が請け負っているケースが見受けられます。

特に多いのが行政書士です。専門的な知識を有する人の力を借りれば、短期間で確実に会社設立を完了させることができるため、利用するメリットはあります。しかし、気を付けなければならないこともあります。行政書士は、定款の作成をすることが法律上可能です。それを代理して公証役場で手続きをすることもできます。しかし、会社設立の登記申請を代理する権限はありません。

この権限を持っているのは、司法書士や弁護士です。代行をしている行政書士の中には、きちんと登記申請を司法書士や弁護士に依頼して代行しているところもありますが、中には設立する発起人本人であるとして手続きをするケースが見受けられます。いちいち登記申請の際に本人か確認することはされないため、これでもできてしまうのですが、行政書士がこのような行為をするのは脱法行為です。それで会社設立ができたとしても、何か問題が起きたときには依頼した側にも責任が生じてしまいます。

したがって、行政書士を活用して代行してもらう場合は、その行政書士がきちんと司法書士や弁護士と提携しているのかを確認しましょう。良心的な行政書士は、こういった無権限の行為について警鐘を鳴らして、自分のところはきちんと提携しているとホームページ等で宣伝しています。そういったところであれば、会社設立の代行を依頼しても問題はないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *