会社設立代行を選ぶ時のポイントは

会社設立代行は、会社の設立に必要な手続きを発起人の代わりに行ってくれます。

法律の知識がない方や手間をかけたくない人が利用することで、円滑に会社設立ができるメリットがあります。会社設立代行を選ぶ時は、トータルコストをまずは見ておきましょう。安くしているところはありますが、別のところで利益をとっている場合は、トータルで見ると安くないことがあります。例えば、顧問契約を結ぶことを条件として格安で提供している代行業者の場合、それを考えるとたいして安くないケースがあります。

税理士や弁護士などは、顧問契約で利益を上げられるために格安でやっていることが多いです。ただし、そうでないこともあります。単にコストを抑えて大量に仕事を請け負っているために安くしている、抱き合わせではないところもあります。そういったところはおすすめです。顧問契約を結ぶかどうかは将来的に考えたい方も多いでしょうから、そちらの方が先に余計なことを決めることなく、安くやってもらうことができます。ホームページをチェックして、細かい条件は見ておきましょう。

また、定款の認証までではなく、登記の申請もやってくれる場合は、司法書士がかかわっているかは見ておくべきです。登記申請業務は税理士や行政書士ではできないからです。それを発起人名義絵行って脱泡していることがありますが、もちろんそれは違法で、トラブルになるかのうせいもあるので、きちんと法律を守っているかは調べて利用したほうが安全です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *