会社設立の代行サービスについて

会社とはいっても株式会社や合同会社などのさまざまな形態がありますが、いずれの場合であっても会社設立には商法をはじめとするさまざまな法律による一定の手続きを必要とします。

このような会社設立の手続きのなかでもとりわけ重要で、逆に設立しようとする人の頭を悩ませる問題に定款の作成が挙げられます。定款は会社設立の目的、具体的に行われる事業、出資の金額、発起人の氏名などをはじめとして、その会社の基本となる事項を取り決めるための書類にほかなりません。定款の雛形は各種の参考書やインターネット上にもいろいろと記されたものがありますが、内容をよく検討せずに単に雛形の商号を変えて法務局に申請するだけでは、後でさまざまな不都合が生じてしまう場合があります。こうした問題を排除するためには、やはり専門家の力を借りるのがベストな選択です。

最近では行政書士や税理士などを抱える事務所が、会社設立の書類作成などの代行サービスを受託していることがあります。このような代行サービスは当然ですが会社設立についての知識と経験が豊富なため、目的にあわせてスムーズな手続きを行う上では大きなサポートとなります。また同じ定款とはいっても紙ベースのいままでどおりのものではなく、デジタルに置き換えた電子定款のかたちで作成と申請を行うことも可能となっています。電子定款の場合は印紙税の代金も節約でき、代行サービスではこのような費用面までも含めた手続きの合理化を図ってくれることがあるのもメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *