会社設立には代行会社が便利でお得

会社設立と考えると難しそうな印象を持たれがちですが、実はそれほど難しいことはありません。

特に代行会社の手を借りることで、一つひとつのやるべきことを教えてくれますし、自分でできないところは代行してくれるので手間もかからず楽です。また遠方の方でもインターネットを通してすべての手続きを進めていくことができるので簡単です。会社設立までの大まかな流れは、まずどのような会社にするか決めます。会社名を決めたり、取締役を決めたり、また会社の定款など作ったりしながら、会社の基本事項を決めていきます。定款の作成については代行会社に依頼することができます。次に法務局に会社名や所在地、会社の印鑑などを登録するための書類を作成及び登記をします。登記した翌日が会社設立日となります。

これらの手続きもすべてお任せすると良いでしょう。その後、公証役場で電子定款を受け取ったり、法務局で登記簿謄本を受け取れば会社設立のための手続きは終了です。なお、必要な手数料としては、定款認証代52、000円、収入印紙代が15万円必要になります。ところで、自分で会社設立の手続きを行うこともできますが、代行してもらうのに比べると、3万円程度損をすることになります。というのは、会社の定款を作る際に収入印紙代を4万円を支払わなければならないからです。代行会社に手数料を支払ったとしても、わずかな費用で済み、結果的にすべてを頼んだ方が安くつくのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *