会社設立には代行を活用する

会社設立には代行を活用することもできます。

というか、会社設立時、経営者はただでさえ忙しいはずですから、設立に関する事務的な仕事についてはむしろ積極的に代行を活用するべきということになるでしょう。経営者はその分、経営の仕事に集中することができるわけです。代行してくれるのは、基本的には会社設立による法人登記と定款の作成ということになります。法人登記とは新しく法人が誕生したということを登録することに該当します。一方、定款とは会社の基本的な取り決め、約束を記載した文書のことです。

むしろこちらのほうに代行を利用するメリットは大きいかもしれません。登記に関しては本当の意味での手続きに近いものがあり、形式や様式が整っている限りは受け付けてもらえますが、定款のほうはなかなかそうはいかないからです。こちらは、どんな項目、内容について、どのように書くべき文書なのかということがかなり細かく取り決められています。

決して、思いつくままに記載して良い文書ではありません。もちろん内容についてはその会社の根幹にかかわることですから誰かが勝手に書けるようなものではなく、経営者自身に考えてもらわないといけない事項が多いですが、専門家の力を借りるのが適当な箇所も多いということです。もちろん費用はかかりますが、その多くは自分で行ったとしても発生する費用であり、代行会社に対する報酬としての費用はさほど高い金額になるわけではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *