税理士と顧問契約する場合は会社設立も代行依頼を

会社設立をするとき、税理士などに代行を依頼したほうが安く済む場合があります。

これは、電子認証のできる専門家だと「定款認証印紙代」の法定費用がかからないからです。また、会社を設立するときに税理士と顧問契約する予定であるならば、設立する時から代行を依頼したほうが得をします。プランの中には設立後の顧問契約を条件に、手数料が0円にあるプランがあるからです。

さらに顧問契約者限定で会社設立にかかる実費を特別に割引してくれるところもあります。助成金の申請に関しては社労士が長けているので、税理士に会社設立の代行を依頼するにしても、社労士と提携しているようなところに依頼したほうがいいでしょう。

助成金の種類は高齢者や被災者、母子家庭の母といった特定就職困難者などに分かれており、該当するものを判断して申請する必要があり専門家ではないとわかりづらいです。代行を依頼するメリットは費用面だけではなく、設立までのスピードにもあります。

最短で1日での設立が可能なので、急いでいる人は依頼してしまったほうがいいでしょう。相談はだいたいのところが無料ですが、即日対応が可能かどうかは代行業者にもよりますので、すぐに対応可能かどうか最初に確認してみてください。

お問い合わせをすると、会社設立のためのノウハウ本をプレゼントしてくれるところもあるので、無料相談を受けるだけでも手助けとなってくれます。設立に関する事だけではなく、銀行から融資を受けるコツなども教えてもらうことが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *