業務を無料で行ってくれる会社設立代行もある

会社設立の手付きの中でも多くの人々が苦戦するのは定款の作成ではないでしょうか。

会社の憲法などと呼ばれている定款は、株式会社設立時には公証役場で認証を受ける必要があります。また、定款は会社法の法律に準拠する必要があるため、自分達で定款を定める場合には会社法の勉強も必要です。

行政書士が手掛ける会社設立代行は、定款の作成からアドバイスを貰うことが出来ます。行政書士は会社法の法律に精通しているので、代行業者を使えば知りたいことをすべて教わることが出来るわけです。設立代行業者の中には設立までにかかる費用や報酬を無料にしているケースも多くあります。

これは税理士の顧問契約が条件になるもので、行政書士が在籍している事務所にいる税理士や提携を行っている税理士事務所への紹介を兼ねているものです。行政書士は税務相談などが出来ませんので依頼内容に応じて税理士に仕事の依頼を行うケースが多いのです。

税理士の役割の中には会社経営の中でのお金のことをお願い出来るため、会社設立を行う人は経営に専念出来るなどのメリットに繋がります。ちなみに、税理士への報酬は事務所毎に異なりますが、経理に精通している従業員を雇用するよりも安く済むケースが多いと言われています。

そのため、無料で手続きすべてをお願い出来る設立代行を利用して、会社設立を行うと同時に税理士の顧問契約を検討するケースも増えています。尚、現時点では税理士が不要などの場合は、報酬の支払いが必要な会社を選べば良いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *