会社設立を自分で行う時と代行に依頼する時の利点

会社設立登記は自分で行う方法と設立代行業者を利用する方法のいずれかで行うことが出来ます。

代行業者に依頼をした時には、設立費用を無料で行って貰えることもあります。この場合は、税理士の顧問契約が条件になるため、将来の会社経営の中で税理士に決算書の作成や申請手続きをお願いしたい時など、必要な際に税理士を探す手間を省けます。

自分で会社設立を行う場合は、基本的に電子定款を使わずに紙の定款で認証手続きを行うため、印紙代の4万円が別途必要です。さらに、会社法について自分で調べなければなりません。定款は会社法に基づき作成しなければならない、法律に違反していると定款認証を受けることが出来ません。

但し、会社法に調べて知識として蓄えることは一つで会社設立登記を行うメリットとも言えましょう。会社設立代行を使えば報酬が必要になるなどのイメージを持つ人も多いかと思われますが、将来税理士の顧問契約を条件に設立費用が無料になるケースも多くなっています。

会社設立後に税理士に顧問契約や税金申告を依頼したい人にとっては、設立費用の削減が可能になりますが、設立後すぐに税理士を雇うつもりがない場合には、逆に経費がより多く掛かることになるわけです。

尚、設立時には様々な疑問や不安などが生じるかと思われますが、設立代行の専門家に依頼する時には無料面談を行い、疑問や不安を解消出来るメリットもありますし、設立登記に関するすべての手続きを代わりに行って貰える便利さもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *