会社設立を代行業者に依頼するメリットとは?

代行業者に会社設立の依頼を行うと、定款の作成段階でのアドバイス、必要書類の作成並びに申請手続きすべての代理人を務めて貰えるメリットがあります。

何かと多忙な時期などからも代行業者を使って設立登記を行うケースは多いと言えましょう。法務局で登記申請を行う、手続きが完了した段階で法人事業の開始が可能になり、この段階までの代理人が代行業者の役割になります。

しかし、法人事業を開始するためには、所轄への各種届が必要です。この届は設立日から速やかに行うものもあれば、ある程度余裕があるものなど様々です。予め準備をしておいても揃えておかなければならない書類を忘れてしまうこともあるなど、時間が足りなくなるケースも出て来ます。

代行業者は設立登記が完了した後も会社経営の中で役立つ存在になってくれます。代行業者には行政書士を初め、税理士や社会保険労務士、弁護士など法律に精通した人々がそれぞれの領域の中での互いに協力し合い、依頼案件の対応を行うなどの特徴を持ちます。

これらの仕業資格には独占業務があるため、領域を超えた場合には専門家に依頼をする必要があるためです。これは会社経営の中でも同じことが言えます。税金に関することは税理士、労務に関することは社会保険労務士、契約内容が妥当であるのか否かを判断するためのリーガルチェックを可能にする弁護士などの力添えが必要になることもあります。

会社設立は自分ひとり、設立を行う全員で行うなどが可能ですが、業者に会社設立を依頼することで、設立後の会社経営のアドバイスも貰えるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *