設立代行業者は会社設立のプロです

会社の本店住所を管轄にしている法務局の登記所で設立登記申請を行えば会社設立が出来るようになっています。

しかし、設立登記申請後に書類の不備があると、その都度役所に出掛けなければなりません。予め書類内容を確認してある場合でも、何らかの不備が発生すれば手間が掛かるわけです。

会社設立を行うこと自体初めてという人は多いわけですから、書類に不備が発生する可能性はありますし、登記申請を行うまでの工程の中でも役所に出掛ける必要が出て来ることも少なくありません。公証役場の定款認証時に必要な書類の交付を受けるために役所に出掛ける必要があります。

登記申請を行えば良いわけではなく、その間も仕事を続けていく必要があるなどからも設立代行会社を利用する人も少なくありません。設立代行会社は行政書士を初め、税理士や社会保険労務士などの専門家が手掛けている会社、その業務範囲は広いのですが、会社設立に伴うすべての業務の代理人を務めて貰うことが可能です。

会社を立ち上げて法人化する、これは会社法の法律に基づいたもので、法律に精通した人々に依頼することは登記までの時間短縮になります。

代行業者を使う時には、スポットでも可能、設立登記申請まで、設立登記後の顧問契約などの選択肢があるので、必要な場面で活用すると良いでしょう。例えば、定款の認証手続きまでなどの利用が出来る代行業者もあるので、電話やメールなどで相談を行うのがお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *