会社設立における準備

これから会社設立を行う場合は色々と準備を行う必要があります。

そもそもなぜ会社を立ち上げなければならないのか、あるいはその法人でなければならないのか等、色々と出てくるわけです。また法人の種類によってはできることが違ったりもしますので、その点も明確にしていきます。

準備それ自体はまず目的を明らかにすることです。会社設立で何を目的としたものなのかをはっきりさせていきます。さらにその目的のために人員をどうするのか、会社の規模をどうするのか組織についてはどう組み立てるのかなどをはっきりさせます。このことを定款に記載していきます。会社設立では自ら申請を行う場合と依頼により行う場合とで、段取りが変わることも忘れてはいけません。

自ら行う場合はすべてを自らが行うために、その準備や段取りをすべて自ら行っていきます。コストカットが大幅にできる分だけ得ではあります。一方で依頼出来る部分を士業に任せる場合、士業の役割と自らが行う部分とをはっきりと分けていくことが重要です。複数の行程からなるため、士業に依頼を行うところと自らが行うところを分けていかなければならないです。

資金面での準備も重要です。自らが行うときには資金面ではそれほどかからない場合もありますが、時間がかかります。その間の生活などの問題は起こり得ます。一方、依頼する場合はその依頼料の負担が大きくのしかかることになり、資金不足の問題を心配する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *