会社設立と個人事業主

自分の手でお金を稼ぎたい、会社員という形でどこかの企業に雇用されて働くのではなく、独立したいと考えている人は多いでしょう。

このような場合、会社設立と個人事業主という大きな2つの選択肢があります。独立というとすぐに会社設立と考える人もいるのですが、これは正しくありません。会社設立などしなくても、個人事業主という形で独立することはできますし、実際そのようにしている人も多くいます。

この2つを比較検討する場合には、お金の面と信用の面とで考えるのが良いでしょう。会社を設立するにはただそれだけで20万円や30万円程度のお金がかかります。法律上必要とされる手続きだけでこれだけのお金がかかるのです。個人事業主の場合はこのような費用は一切かかりません。また、会社となると法人に対しても住民税がかかり、これは会社が赤字でも納税の義務が生じてきます。

一方で、所得が増えれば、個人事業主にかかる所得税よりも、会社としての法人税のほうが安くなるケースもあります。今の日本の平均的な会社員の年収くらいまでの稼ぎなのであれば、個人事業主の所得税のほうが安く済むことも多く、法人税のほうがかえって高くなることもあります。

一方でやはり仕事をしているといろいろなところで信用というものが重要視されていることを感じるでしょう。個人事業主よりは会社のほうが何かと信用されるケースも多いはずで、この点は定量的な判断が難しいところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *