会社設立に必要な印鑑証明書

会社設立の際には書類の準備に奔走させられることになりますが、その中で用意しておかなくてはいけないものの一つに印鑑証明があります。

日常生活の中で利用している、自分の実印でいいのかなと思わず考えてしまいそうになりますが、やはり会社のために必要なものなので、間違いのないように別途準備していかなくてはいけません。会社の代表者の実印以外に、会社そのものの実印を用意しておくことも会社設立にはしておかなくてはいけないこととなります。

当然のことながら、個人の実印と同じ考え方で、第三者が勝手に会社の契約等をしないようにするためには必要なことと言えるのです。印鑑登録自体は住民票のある自治体の役所に行って行いますので、なるべく三文判のような安価なものではなく、会社で使っていく特別な印鑑と肝に銘じて作っておいてから登録に行きましょう。

印鑑登録が終われば、後は印鑑証明書を取得できるので必要な枚数だけ取得しておけば問題ありません。印鑑登録時に印鑑登録証というカードが発行されますが、それを利用すればコンビニなどの端末でも手軽に発行することができます。

会社設立の際には公証役場と法務局に提出する分が必要となります。公証役場では発起人が一人につき1通、法務協については取締役会を置かないなら取締役全員の分が1通ずつ、置くのであれば代表取締役の1通で構いません。事前に準備するときにはどのようにするのかもよく話し合って不足のないように準備しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *