起業の前に知っておくべき会社設立のメリット

これから事業を新たに始めようと思う場合に、個人事業として始めるよりも会社設立を選択したいという方もいることでしょう。

実際に起業する前に、会社設立のメリットについて十分理解しておくことは正しい決定をするのに助けになります。会社設立のメリットはたくさんありますが、その一つは仕入先や取引先からの信頼を得やすいということです。

最近では個人に対する理解がずっと深まっているとは言え、会社の中には、依然として個人事業との取引きを控えるという方針を打ち出している所があります。そのため、個人事業より法人にしたほうが取引先の幅を広げる結果となるでしょう。

また会社設立を選んだ場合、資金調達や融資の幅も広がると言われています。特に金融機関から融資を受けたいと思う場合、個人事業では第三者保証人が必要になるなど厳しい条件を満たさなければなりません。ところが法人の場合であれば、個人事業の場合ほど条件は厳しくなく、融資や他の資金調達も可能になると言えるでしょう。

さらに、会社設立の別のメリットとして、節税対策になるという点を挙げることができます。個人事業の場合と比べて、法人にしたほうが経費として認められる幅はずっと広くなると言われています。また原則として、個人事業では家族に給与を支払うことができないのに対して、法人の場合は家族にも給与の支払いができます。そのため、所得分散ができ経営者の所得税を節税することができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *