会社設立において最初に行う会社名の決定

会社設立時には様々なことを考えなければなりませんが、会社名の決定もその一つに挙げられるでしょう。

会社設立時に会社名を決定することは創業者に与えられた特権であり、最も悩むポイントの一つと言えます。会社名を考える際にはネーミングのルールを参考に決定すると良いでしょう。ネーミングのルールの一つに挙げられるのが、一目で覚えられるようなインパクトのある名前です。また興味をもたれやすく、様々な情報が込められていて、はじめて聞いた人の記憶に残る名前をつけたいと考えるでしょう。

これらを含め優れたアイデアがあることも大切です。これらのルールを満たしている会社名を考えることはなかなか難しいことですが、実際にある会社名を参考にしてみるのもお薦めです。また会社設立時に会社名を決めるにあたり、守らなければならないこともあります。その一つが会社名のどこかに必ず株式会社という文字を入れなければならないということです。

一般的には会社名の前、もしくは後ろにつけますが、真ん中につけたとしても特に問題はありません。そして記号やアルファベット、数字を使うことも可能です。しかし会社の一部門を示す文字を使うことはできません。

例えば銀行業で会社設立をするわけではないのに、銀行という文字を使用すると混乱を招くことから、使用が禁止されています。最後に実績のある有名企業の名前を使うこともできません。このようなルールの中であれば自由に会社名を決めることができます。

最終的に会社名を決定する際には、実際の営業や運営がスムーズに進められるようなものを選びたいところです。いくつかの候補を挙げて、より良いものを選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *