会社設立で資金調達がしやすくなる

会社設立を行って法人化をする中で、資金調達がしやすいのが最大のポイントです。

個人事業主に対する融資となると、本当にその事業にお金を使っているのかやそもそも返済能力があるのか、事業の成長性はあるのかなどの疑問点が出てくるものです。

そのため、銀行側は個人に対して融資を行う際には相当厳しく対応をしますが、法人化をしてしまえば、あくまでも事業だけの数字を見ていけばいいために判断がしやすいというのがあります。

なので、事業である程度成長性を見せていて、赤字などもできるだけ出さないようにしていれば安心です。一方で資金調達のバリエーションも増えるのも会社設立のメリットです。

個人事業主が資金調達をする場合、お金をもらうか借りる、この2つに絞られますが、法人に対する資金提供には出資があり、株式会社であれば株式を渡す代わりに資金提供を受けることもできます。

選択肢が広がれば、無借金経営のようなこともできる一方、非上場を貫き腰を据えた経営もできるようになります。会社設立によって、選択肢が広がるというのが大きいです。

株式会社の場合はより透明性が求められ、しっかりとした経営を目指さないといけません。これまでどんぶり勘定でやってきた個人事業主の人からすればやや面倒な部分もあるかもしれませんが、会社設立によって無駄を省くことができるというのが大きく、そこもメリットです。

資金調達がしやすくなることはよりクリーンにさせなきゃいけないことでもあるので、どちらにしてもプラスです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *