会社設立で財産を守る

個人事業主の場合、事業収入などもあくまでも個人の収入ということになり、すべてのお金の流れが個人での管理となります。

これが意味することは、万が一何かしらのトラブルがあった際に個人事業主はその責任を負わなくてはならないということです。事業で失敗し、相当な借金を抱えた際も自分自身がギャンブルなどで作ったものではないにしても、一生背負わないといけないことになります。

会社設立で法人化を行えば、資本金などはすべてなくなっても、資本金以上の責任は負わなくていいというのがポイントです。例えば、個人事業主だった場合に事業で失敗をし、取引先の相手から債務を返してほしいと返済を求められることがありますが、会社設立を行っておけば個人に返済を求めるようなことにはなりません。

あくまでも会社は会社、個人は個人として資産を分けることが可能です。会社設立によって財産が守られるというのは非常に大きく、会社が倒産することは自らも破産に追い込まれるようなことにはならなくなります。

法律の面から考えると、会社などの法人、そして個人はそれぞれの人格があるとされています。なので、別々の存在であると片づけることが可能です。しかし、例外もあり、経営者が連帯保証人だった場合には連帯保証人としての責任があるために逃れることはできません。

最近は保証人なしで融資が受けられるケースもありますが、できるだけ個人に責任が及ばない形にしておきたいところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *