会社設立の種類と費用

会社設立をするときにはまずはどの種類の会社を設立するのかを決めます。

株式会社が最も代表的かつ信用がある会社形態です。株式会社の次にメジャーなのは合同会社でしょう。2006年に会社法が改正されて有限会社がなくなり、合同会社が新しい形態として認められました。

有限会社はなくなりましたが、すでに有限会社となっている会社はそのまま名乗り続けることができます。強制的に有限会社から合同会社に移行しなければならないわけではないということです。

ほかには合資会社、合名会社があります。株式会社以外の会社形態のことを持分会社といいます。合同会社・合資会社・合名会社の3つが持分会社です。主な違いは有限責任であるかどうか、社会的な認知度・信用度が高いかどうか、設立にかかるコストなどにあります。

株式会社は社会的な認知度・信用度が高いですが、設立にコストがかかることが難点です。最低でも20万円はかかります。持分会社は最低6万円程度で会社設立ができるので、社会的信用はそれほど重視せずとにかくコストを節約したい場合に選ばれることが多いです。

会社設立は税理士や司法書士に代行してもらうこともでき、意外なことにそのようなコストが節約できることがあります。なぜなら、紙の定款作成にかかる4万円が必要なくなるからです。

これはもちろん、自分で電子定款を作成してもコストを節約できますが、専用のソフトや器具が必要になるので専門家に代理をしてもらったほうがはやいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *