会社設立のために必須のこと

会社設立では必ずしなければならないことがあります。

定款の作成及び公証役場での認証を受けること、その結果により会社すなわち法人登記を法務局にて行い申請を完了することです。この申請が完了したことをもって、会社設立となります。

なお、設立だけであればここまでで終わりですが、実際にはこの後にもしなければならない手続きはあります。主に税金関係の届け出と社会保険及び厚生年金に関する加入の届け出、また雇用保険への加入手続きも行っていきます。

このとき、この一連の会社設立に関わるものについては士業に依頼を行うことで時間の節約が可能です。無論、依頼する側が全く知らぬ存ぜぬでは話にならないので、ある程度の作業のことについて知っておく必要はあります。

ただ面倒だとも我がちな役所との関わりであるとか、またその他の連絡などは任せることが可能です。このように会社設立は色々な手続きを行わなければならず、その手続きを行いながら実際に必要な人員の雇用なども行っていくわけです。

この作業を同時進行でこなさなければならないことで、実務が非常に多く必要になります。ましてや始めて法人の設立を行う場合には、その作業量も多くなります。士業の専門家に依頼出来るところは依頼するなどの工夫も人によって必要となるものです。

なお、士業が一体となって対応をしているところもありますが、大抵は個別に依頼を個鳴っていくことになるため、依頼料が相応にかさみやすいので、自ら行うことも視野に入れていい部分はあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *