会社設立のメリットについて

個人事業主のままでも利益を得ることはできますが、会社設立によってビジネスの幅が広がります。

例えば経費で処理できる範囲が広くなるので税金面で有利です。借入金の返済や固定資産の購入などを除いて支出を全て経費として計上することができます。個人事業主の場合は生命保険や火災保険など経費にならない支出も存在します。

会社を設立すれば寄付金も経費として計上できるようになります。また会社の代表者と親族は別人格として扱われます。基本的に本人や家族の給料は経費にできます。事業を経営していて欠損金が生じることがあります。

青色申告をする場合は欠損金を翌年以降に繰り越すことができます。会社設立をすると9年間にわたって繰り越すことが可能です。税金が抑えられるとより多くの利益を確保できるようになります。例えば資本金が1000万円未満で会社設立を行うと2年間にわたって消費税の免除を受けることができます。

ただし2年目については1年目上半期の売上と給料の支払額が1000万円を超える場合、消費税の納税を求められます。個人事業主が財産を会社名義にしていると、相続税が発生しないというメリットもあります。

法人税と地方税の負担は30%前後です。個人事業主の場合は累進課税となっており、住民税と合わせると最大で50%を超えることもあります。会社設立を行うと税制面で非常に有利です。さらに法人となることで社会的な信用力が上がり、資金調達をしやすくなるというメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *