株式会社設立のメリット

個人事業主ではなく株式会社設立のメリットにはどういうことが挙げられるのでしょうか。

おそらく最も重要なものは信用度を高めることができることです。個人で事業を行っているのと組織として仕事を行っているのとではおのずと社会的な信用度が異なってきます。

これは事業のターゲットが一般の消費者であっても当てはまりますが、それよりも企業を相手とした取引を行う場合にはより一層重要になることが多いでしょう。企業の中には、会社設立しておらず個人事業主のままである相手先とは初めから取引をしないと決めているところもあるからです。

信用度の他に株式会社設立のメリットとしては、税金に関することが挙げられます。例えば経費として認められる範囲が広がります。個人事業主であっても仕事に必要な経費は認められますが、会社になるとその範囲が大きくなるというメリットがあり、節税につなげることができます。

また、会社から経営者自身に対して支払われる報酬にかかる所得税と、会社としての所得に対してかかる法人税とをにらみながら、キャッシュフローを最適化するように考えることができます。そもそも法人税は所得税よりも税率として低くなるケースが多いためにこのようなことも可能になるのです。

もちろん法人税のみを考えて経営者に対する報酬をゼロにするなどは非現実的以外の何物でもありませんが、所得税と法人税のバランスを考えることができるというのは大きなメリットになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *