会社設立とその時にかかる費用について

会社設立にかかる費用は、おそらく多くの人が意外とかからないと思う程度の金額でしかありません。

百万円とか一千万円などという単位の金額ではないのです。ただし、会社設立とはいわば箱を作るだけであって、その中でどんな事業をどのように展開するのかということは考慮されていません。言い換えれば、事業運営にかかる費用については別に用意しておく必要があります。

そのような金額を含めればあながち百万円とか一千万円といったレベルのお金も間違いではないかもしれません。会社設立という箱を作るためだけであれば、かかる費用はせいぜい20万円とか30万円くらいのものです。具体的にどんなことにかかるお金なのかというと、定款作成と登記にかかるものです。

この2つは会社という法人を設立するために必須のもので、これがないことには全く何も始まりません。定款は、作成そのものは別にワープロソフトで行えばよいようなもので、特別に何かのお金がかかるわけではないのですが、4万円分の収入印紙を貼る必要があります。また、公証人に認証をしてもらう必要があります。

内容的に問題ないことを確認してもらうためのお金と考えてもよいでしょう。この手数料は5万円です。一方、登記にかかるお金としては登録免許税と呼ばれる税金になります。このお金は15万円です。これらを併せても24万円であり、多少増減することはあっても大きく変わってくるようなものではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *