将来会社設立にかかる費用とは

雇用される働き方をやめて、自分で会社を設立したいという夢を持っている人は少なくありません。

経営者側になるというのは多くの人が一度は考える生き方の一つでしょう。しかし、自分で会社を設立するとなると、実際にどのくらい掛かるのか知っている人は多くありません。結論から言うと、会社を設立するのには一番安くて6万円から可能です。まず、会社を設立したいと考えた時にその会社の形態に着目します。

オーソドックスな株式会社なのか、又は合同会社なのかという点です。これによって費用が変わってきます。会社設立には定款の作成と登記が必要です。合同会社の場合、定款に貼る収入印紙代がまず4万円掛かりますが、これは電子定款の場合は不要になります。定款の謄本手数料はかかりません。

登録免許税は6万円、あるいは資本金の額の0.7%のうち、高い方が必要になります。合計すると、掛かる費用は登録免許税だけで、最安で6万円であることが分かります。これに対し、株式会社では、公証人に払う手数料が5万円かかり、定款の謄本手数料が2千円程度かかります。

登録免許税は15万円または資本金の額の0.7%のうち高い方がかかるので、合計で株式会社設立には最安で21万程度の費用が必要になってきます。合同会社設立と株式会社設立の費用がそれぞれ違うことが分かります。

合同会社として安く始めるのか、株式会社として独立して長期的な目で見て始めるのかによって異なりますので、しっかりとした判断が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *