意外にかかる株式会社の会社設立費用

会社設立費用というのは、事務所や店舗の購入やレンタルの料金などから社員を雇って支払う給料とか、出資金だけではありません。

届け出を行う際に必要となる、会社設立費用があることも忘れないようにしましょう。株式会社として届け出を行う場合には、定款に貼る収入印紙代として4万円が必要となります。電子定款を作成すれば4万円は発生しなくなりますが、なるべくお金をかけたくないという理由だけで電子定款にするならよく考えなければなりません。使用するソフトなどをすでに持っていれば節約につながりますが、電子定款のためだけにソフトを購入するようだと無駄な出費につながる恐れがあります。

届け出する際に公証人手数料として株式会社の場合は5万円必要となり、ほかに定款の謄本手数料として1ページにつき250円、一般の会社の場合およそ8ページ程度あるので2、000円分になります。また登録免許税というものもあって、株式会社は15万円と割と高額です。作成して手続きを行う時間も考えれば、トータルすると結構会社設立の費用が掛かります。

少しでも負担を軽くするのであれば、料金をかからないようにするより時間を短縮し手間をかけないですむように手続きを代行してくれるところを利用するとよいでしょう。書類の不備により再提出になってしまうリスクも避けられ、しっかりと事業を開始できるまでサポートを受けることができて、いろんな問題やわからないことを相談できる利点もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *