会社設立にはどのくらい費用がかかるのか

会社設立にはどのくらい費用がかかるのか事前にきちんと押さえておくことは重要です。

まずは、一般的に株式会社の場合ですが、公証人の手数料と謄本代、印紙代として10万円弱ほど必要となり、この時謄本は登記申請用と保管用の二冊分です。これに対して合同会社の場合には、必要なのは印紙代だけとなりますので、掛かる費用としては4万円ですが、これを紙の定款ではなく電子定款ですとこの印紙代も不要となります。これ以外には株式会社、合同会社ともに登録免許税が掛かり、それぞれに条件がありますが、株式会社では15万円ほどで合同会社では6万円ほどになります。

さらに細かなところでは、登記簿謄本代や印鑑証明書代なども必要なときがあります。会社設立には必要な書類だけでなく当然費用もかかってきますので、すべてをこなしていくのは非常に時間や手間がかかります。会社設立時にはほかにもしなければならないことが多いので、最近では会社設立は代行業者に任せることが増えています。

代行業者では行政書士や司法書士、税理士などが在籍しておこなっているところも多く、迅速に進めてもらえますので、自身は会社を設立した後の仕事に集中できます。また費用節約になる電子定款なども自分で行うのはソフトウェアなどを揃えなければならないのでかえって費用がかかってしまいますが、代行会社なら用意されていますのでそのまま頼むことができます。ただし行政書士や税理士などはできる範囲が限られていますので、単独で代行をおこなっているところは確認して依頼しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *