様々な会社設立と費用について

合同会社とは、経営をする人と出資者が同一です。

出資した人と経営をする人が同一であるために、柔軟な経営を行いやすいのが特徴的です。株式会社の経営スタイルとはその点で違いがあります。株式会社は株主が株を購入してくれる事で成り立ちます。その株主が出資者になります。株主が集まって話し合う株主総会で選んだ取締役に経営を委任する事で事業が成り立っています。合同会社設立にかかる費用は、株式会社と比べて登録免許税が少ないです。

具体的には、定款に貼る収入印紙代が4万円で定款の謄本手数料はかかりません。登録免許税が6万円から資本金の額の0.7%のうちの高い方となっていますので、最低費用は6万円で会社設立する事が可能だという事です。実際に会社を運営していくにはさらに多く資金が必要になりますのでしっかりと事業計画を立てて検討しましょう。会社設立後にかかる費用があります。それは税金です。

一定の条件を満たす事で免除を受ける事ができますので、工夫をすれば1年以上に渡って特例の恩恵を得る事が可能です。資本金が1千万円未満である事が事業年度で消費税課税を逃れるために必要な条件となっています。必要以上に消費税を納めないように資本金の設定金額や売上高については細心の注意を払うようにしましょう。財務をしっかりとコントロールするためにも精度が高い事業計画を実施するようにすることが重要ですので、専門家等に相談したりしてみるのも良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *