会社設立の費用を削減するのに効果的な方法

会社設立の費用はこれから会社を設立したい人にとって非常に頭の痛いものとなっていることが少なくありません。

特に様々な事務手続きの料金は法律で決められているものであるため削減することができず、場合によってはその後の経営を圧迫するものとなってしまうことも多いのです。しかしその中で方法を工夫することにより大幅に削減できるものがある事はあまり知られていません。その方法は定款の提出方法を変えることです。会社の定款は設立を行う際に必ず作成しなければならないものであり、また出資者や株主との契約を踏まえて金銭的な流れについても確実に記載をしなければならないことが多いものです。

そのため大きな金額を定款の中に記載することが多いのですが、定款は公的な文書として届け出る場合には契約書と同じ扱いとなるため記載されている金額に応じた印紙税を支払うことが義務付けられています。その印紙税が高額になることから会社設立の費用を圧迫することになるのです。しかし最近では定款の提出方法として電子的に提出をする電子定款が注目されています。その理由は電子定款により定款を届け出た場合には印紙税が発生しない仕組みとなっているからです。

印紙税は紙の契約書に対して定義されるものとなっていることから、電子的に提出が行われる電子定款は印紙税を支払う義務がないことになっており、その費用が大幅に削減できることになるのです。会社設立を行う場合には様々な手続きの必要性のほか、その方法についても十分に検討することが重要となります。会社設立の費用を効果的に削減する事はその後の会社の経営においても経費を効果的に削減することができる姿勢を対外的に示すことになり効果的に削減する事はその後の会社の経営においても経費を効果的に削減することができる姿勢を対外的に示すことになり、経営の安定性が期待されることになるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *