会社設立に際してどれ位費用がかかるのかよく確認する

自分の力を最大限発揮するために会社を興す人が増えていますが、その場合には従業員を雇ったりオフィスを探す必要があるのでとても大変です。

誰かに気を遣うことなく持てる力を遺憾なく発揮することが出来るのは良いことですが、実務も熟す必要があるので苦労することがけっこうあります。中でも会社設立の登記手続きに関しては複雑なことが多いので十分に注意する必要がありますが、特に費用の面に関しては気を付けるべきことが沢山ありどれ位お金がかかるのか予め確認することが大切です。会社設立費用については大凡の額は大体決まっており株式会社では約20万円で合同会社では約6万円ですが、詳細についてもよく調べる必要があります。

先ず定款認証にかかる費用は5万300円ですが、これは株式会社だけで合同会社は定款認証をする必要はないので一切お金はかからないです。次に登録免許税ですがこれは株式会社の場合には15万円で合同会社では6万円となっていますが、資本金の額によりかわって来るので注意が必要です。

これらを合わせると株式会社で約20万円、合同会社で約6万円となります。このように会社設立の費用に関しては予め決まっているのでそれほど大変なことはないのですが、問題は登記手続きで忙しい中複雑な手続きをしなければならないので本当に大変です。ただ会社設立の登記に関しては税理士が安い料金で行ってくれるので、他にするべきことが沢山ある人は税理士に依頼するようにした方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *