会社設立する為の費用とは

大企業で安定を狙うもよし、でもどうせなら自身で会社設立して自分の力を試したいという方もいるでしょう。

とはいえ、遊びではないのですから会社設立にはある程度の費用がかかります。どういった会社にするか・どうやって収益を得るかも大切ですが、まずは立ち上げるためにどのくらいの費用が必要なのかを知り資金調達を考えましょう。会社設立は、口頭で伝えるだけではいけません。定款認証と登録免許税は最低でも必要であり、役所に納めなければなりません。株式会社であればそれぞれ5万円・15万円程度となるため20万は貯めておきましょう。

一方合同会社・有限会社の替わりに誕生した新しい形式の会社であれば定款認証の必要はなく、資本金が857万円以下なら登録免許税も6万円とかなり費用が抑えられます。合同会社だと知名度が低いと言われますが、あなたがご存知の会社の中にもたくさんあります。個人経営で会社を設立したいというなら合同会社で十分です。

ただ、注意しなければならないのは6万円はあくまで最低限度の数字、資本金や実印作成費・印鑑証明書代など大きな額からこまごまとしたものまで出て行くお金はありますから、出来るだけ貯めてからきちんと計画した上で始める方が良いのです。たとえどんなにすばらしい事業でも、設立してお金が入り始めるまではある程度の期間がかかります。その間に資金繰りがうまく行かなくなって潰れてしまっていては意味がありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *